E-RYT500

米国ヨガアライアンスによる一定の基準をみたしたヨガ教師は、RYT(Registered Yoga Teacher)=ヨガアライアンス認定ヨガ教師となれます。

ヨガアライアンス認定のヨガスクール(RYS)でのヨガ教師トレーニングを修了すると、RYTの認定を受けることができ、修了時間数によってRYT200、またはRYT500となれます。

 

EーRYTとは、Experienced Registered Yoga Teacherの略で、上記トレーニング終了後一定の時間数の指導実績を重ねた場合に、その認定を受けることができます。

 

RYSでのトレーニングのディレクターには、E-RYT200以上であることが条件とされており、ヨガ教師を指導するためのトレーナーレベルのヨガティーチャーであることを示しています。


YACEPとは

E-RYT200または、E-RYT500の認定ヨガ教師は、ヨガ教師の継続的学びを提供する YACEP(Yoga Alliance Continuing Education Provider)となることができます。

 

YACEPによるヨガ教師向けのプログラムは、一定の基準を満たすことによりCE(Continuing Education)としてヨガアライアンスに申請することができ、RYTの継続登録には一定時間のCEが条件の一つとされています。


三浦まきこは、2007年米国クリパルセンターにて500時間トレーニングを修了後、2000時間以上の指導時間を経て、E-RYT500 および YACEP として、一般のヨガ実践者のほか、ヨガインストラクター、ヨガ教師を対象とした指導を精力的に行っています。

(米国クリパルセンターにてCEプログラム受講時の写真:2012年)